意識の収束

世代間の意識のギャップが特に大きいのが、40~50代と言われている。

【反抗の復活】
自分の成功体験や、自分の生き様を自慢げに語る人たちである。
・・・あ?オレか?
中年世代が自己の「人生訓」を若者に勧めたがるものだが、それを聞いても若者達たちは困惑してしまう。
画像
急速な都市化の中で育った若者と、農村育ちの父親との間との世代間の価値対立は「理由無き反抗」のように1960年代以降を象徴する現象だった。
画像

画像
しかし、1980年代には反抗期は衰弱し始める。

地方の都市も徹底して都市化されたために、世代間の価値対立は薄れ、価値観に差が無くなり対立も無くなったからだ。
画像
平成の時代に入ると、親も子供に対立を避ける迎合的な接し方になったため、親子の関係は、兄弟姉妹のような関係が現代の親子の姿となっている。

まだ微小な現象ではあるが、「反抗の復活」が最近、現象として起きているらしい。
親たちの「受験勉強」への期待に対するものが直接の反抗なのだが、「有名大学から有名企業」という人生の歩み方が、価値を失いつつあり、人生の目的ではなくなっている。
画像
親達の「私権」は衰弱し、一流企業であっても「リストラ」の憂き目にあうこともまた現実であるがために、親の言うことにリアリティを感じなくなってきているのだろう。
画像


【意識の収束】
若者たちの中では「仲間収束」が強まっている。
・・・仲間課題(クラブやサークルなど)と勉強課題は明らかに対立するものであり、「受験勉強」を強いる親の存在が「仲間空間」に敵対する存在であることを意識するようになる。
画像

このような親子間での意識の差は「不協和音」となり、私権に収束していた親たちの世代と、私権から離脱し「仲間収束」しようとする若者世代との、世代間闘争(反抗)の復活であるのかも知れない。
画像

中年世代の生き方や価値観は、今の若者達にピンとこないものだし、否定的なものに変りつつある。
中年世代のお父さんたちが青年期を過ごした1970年以降は、世の中から貧困が消滅した時代だ。
人々の意識が「社会的なみんなの課題」から「自分主義」に移り、「自己実現」や「自己啓発」などが「人生の目標」となった。
「私権」や「自分課題」に収束していった時代だった。
画像
経済の高度成長や過剰消費は環境問題を生み、バブル経済に象徴される経済優先主義や核家族化した生活様式となり、時代の閉塞を生み出した張本人でもある。

若者達は、現代が私権には収束できないことや、家庭が閉塞していることも理解している。
だから、中年世代のお父さん達の成功談や価値観念は、彼らにとっては全く輝きを持たない。
若い世代にとって、それは反面教師像でもある。
画像

中年世代の自分観念、私権観念は、現代人の抱える「適応不全」に対する答えにはならない
過去の成功体験にしがみつくほど時代から取り残されることを自戒したい。

自己実現ではなく、みんなの期待にいかに応えるか? が現代の意識の収束だ。

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック