人間らしさ

今では誰でも携帯電話を持っている。
会社や家にはインターネットに接続したPCがあり、リアルタイムに情報が検索できる。
画像


ちょっと前まで、自宅のPCで何をするのか?
ゲームしかないじゃん・・・
画像

そんな風にしかPCの活用法がなかった大多数の人々。
今や国民の大多数がネットユーザー。
画像


ブログを書き、アフリエーターになる人も多い。
web上でネットワークを作り、情報に対するリアクションを楽しんでいる。
画像
・・・この子のブログは今年、アクセス件数10億を突破。
ここまでやれば大したもんだ。

【情報化社会とは・・・】
情報の伝達は、マスメディアからパソナメディアが主流の時代になった。
企業もマーケティングやプロモーションで「web戦略」を考える時代だ。
画像

インターネットは既に重要な社会インフラであり、世論さえも形成し、もはや「バーチャル」ではない。

デオッちでさえ、音楽も映画もニュースもweb経由で楽しんでいる。
テレビや新聞は、メディアの一つでしかなくなった。

高校生が「ポケベル」で、メッセージを数字に変換してプッシュホンを早押ししていた時代が懐かしい。
画像
その手の指は、今、携帯のボタンを押している。
画像

高校生だった彼女はもう大人だ。
今じゃ、お母さんしてる。
画像
映画「おくりびと」、ヒットすればいいね。
画像

どんな映画かというと、こんな感じ↓


情報通信の分野では、携帯もPCも端末としての機能の差はなくなった。
携帯電話を車のナビに接続すれば観光案内はもちろん、特別メニューでセール中のカフェまで見られ、割引サービスまでゲットできてしまう。
画像
情報収集はファッションの「着こなし」のようなものだ。

【本当に便利になったか?】
通信機器の発達は、世界の人々の生き方を大きく変えた。
政治家が「変革」や「改革」を叫ばなくても社会は技術革新により変革している。

一方で、変革に取り残されるケースも多い。
デオッちも、携帯で自販機からジュースを買ったりしない。
・・・いや、正確には買い方が解っていない。
画像
・・・おいおい、イギリスじゃ、携帯も自販機で買うのかよ。
日本じゃできないよなぁ、ん、まてよ・・・タスポといっしょじゃん。
自販機なのにカードと暗証番号が必要なんだよねぇ。

駅でキップを買うのは自動券売機だけど、あれって、最高に分かりにくい。
羽田空港から新宿の都庁へ行くのに、さぁ、どうする?

幾通りものルートがあるが1枚のキップで買える。
でも値段と時間が違う・・・

乗り換えなしにリムジンバスに乗るか?
考えている間に着いてしまうじゃないか。

画像
・・・東京じゃ、対話型自動券売機「かえるくん」が登場。
この機械でオペレーターとつながりキップを買える。

ええいっ、いっそのこと、ロボットでも置いてくれっ!
なんで、こんな面倒なことになるんじゃ!
・・・そう思ってる人は多分、多いはず。
画像
ならば、携帯電話で自動改札を突破!
着駅で機械が勝手に決済してくれる。

・・・それでも、幼児と高齢者には優しい機械とは言いがたい。
画像


使いこなせなければ便利ではなく反って不便かも?

【人間は何処へ向うのか?】
機械は人間の仕事を肩代わりしてきた。
人間よりも速く正確に、そして文句も言わずに・・・
画像

人間は時間の余裕が生まれ、考えるようになった。
「何のために生きているのか?」
「自分は何者で、何をしたいのか?」
画像


生存することが精一杯の時代にはそんなことを考える余裕はなかった。
明日の食糧が保障されない国の人々が、そんな事は考える余裕はない。

作業や生産という「生存」や「社会の維持」のための仕事の全てを機械が代行する時代が来るだろう。
画像

そう遠くない未来の話だ。
貨幣経済も捨てる時代が来るだろうし、エネルギーと食糧さえあれば人類の生存は可能である。

「インターフェイス」という概念がある。
人間と機械の間で、意志を機械に伝えるシステムのことだ。
説明や経験がなくても利用できる、出来ることならインターフェイスを介在させないシステムがベストだ。
画像


田舎ではそうでもないが、都会では「人間不審」が現実である。
道に迷ったら、声をかけてくる人間は信用しないのが当たり前で、警官のいない交番のロボットの方が安心する。
画像
・・・これは映画の話ではない、現代人が直面する現実の問題となっている。

科学の進歩は、それをヒューマロイドに置き換えることだろう。
インターフェイスはどんどん人間に近づけられている。
画像


アンドロイドのような人間型ロボットが近い将来、人間の相手をするハズだ。
愛知万博では人間型のロボットが可愛くインフォメーションで案内していた。
画像


機械に「人間らしさ」を求めているということか・・・。
人間は、本来、人間を仲間として受け入れる習性があるもの。
しかし、既に日本では、人間よりロボットの方が安心できるという「異常」な社会が形成されつつある。

昨日も石川県で無差別殺人があった・・・。

【人間らしさ、人間の本質とは何か?】
人が生存のためにするべき作業を全て機械化できてしまったら、人間は何のために生きていくのか?
機械文明の中で生きていくには、こういうSFのようだけど「哲学」が必要になる。
画像


既に人間は、「豊かさ」が物質的な充足ではなく、「心の問題」だと気づき始めている。
加速度的に機械化が進む時代に生きる我々は、機械に任せてしまった人の「行為」に、心をどう絡めていくかという課題に直面している。
画像
・・・アンドロイドに興味がある方はこちらへ→大阪大学知能ロボット研究室
ヒューマノイド(人間型ロボット)と違って、人に似せたアンドロイドを作ったのは、
「人間らしさ、人間の存在感とは何かを探るため」という。
画像
ATR知能ロボティクス研究所が開発した石黒浩・大阪大教授(左)にそっくりのアンドロイド↑

人間の心とは何か?
自筆の手紙は人の気持ちを暖める。
心がこもっていると感じるからだ・・・
画像

電子メールが足りないのは、この部分かも知れないが、いつか手紙を越えられる。
・・・いや、もう越えているのかも?

心の感じ方は、情報の受け手側の「捉え方」なのである。
文字を書くペンにも、キーボートを叩く指先にも同じように心を込めることができる。
画像


動物と人間の違いは?
チンパンジーが学習してPCを使いこなすようになったら、果たしてどんな使い方をするだろう?
画像


生存や生殖といった「生物」としての行動は人も彼らも同じだ。
集団を作り、感情もあり、知能もある。
計算やナビや娯楽の「道具」として使うことだろう。
画像


人間との違いを正確に答えられるだろうか?
大人のチンパンジーは人間の2歳程度の知能だといわれている。
画像


チンパンジーたちの生殖行為(性交)は集団で行い、食事はどんなときも独りで食べる。
ボノボは、生殖以外に性行動があり、食糧を仲間と分け合う。
人間は性交は一人(1対)で、食事は独りより集団を好む。
画像


人間の本質は案外、こんなところにあるのかも知れない。

チンパンジーではなく生殖機能を持たないアンドロイドならどうか?
人のDNAが人間としての条件なのか?
臓器移植で人工臓器を入れている人のその部分は人間かどうか?
画像
・・・アクトロイドは㈱ココロで、レンタルサービスがある。
どうぞ、ここでチェックしてみて!・・・㈱ココロ

不死身のロボットは容認できても、不死身の人間は容認できないか?
滅ぶべき存在であることが人間の必要条件なのか?
画像
・・・キンチョーのCMに出演したロボット(アクトロイド)↑

アクトロイドの彼女のCMはここで見られる。↓


脳科学の感覚質のことを「クオリア」と言う。
体験や感情などは数値で表せない。
アンドロイドにクオリアが備わるとどうなるか?
画像


人間は進化の途中だ。
まだまだ不完全な生物である。

機械と共生しようとする我々の、集団としての「意識の収束」がどこに向うのだろうか?
科学の進歩は人間を必ずしも幸福にするものではない。

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

村石太キッド&結婚をアキラメタ男
2013年03月03日 20:10
人工臓器 で 画像検索中です
ロボット工学も 高額ですね(笑い)
ロボットスゴイですね。バイオも どうなっていくのかなぁ?神経~。培養臓器 IPS クローン
科学なのか 医学なのか 化学なのか
物理計算も 必要かナァ。少し 芸術もかなぁ。
未来 ロボコップ アンドリュー(映画) 見たいです。生老病死問題 延命治療~。義足 義手~。
受験勉強 大変になるかなぁ
ロボット研究会(名前検討中 医学研究会(名前検討中

この記事へのトラックバック