Moonlight

イングランドから来たダニエル君と「霧の峰」で知り合った。
剣山登山の後、池田行きのバスに乗り遅れてしまったらしい。
画像


今日は春の陽気に誘われて丸笹山へ出かけ、下山後に「霧の峰」でコーヒーを楽しんだ。
「Lost!」・・・店の前で何やら困り顔の外国人。

聞けば、今日は「ちいおり」に泊るとか・・・
はいはい、お安いご用で・・・お送りしましょう。

でもね、丸笹の「ラフォーレつるぎ」にお風呂を沸かしといて! と頼んじゃった。
・・・ええぃ、誘っちゃえ。
画像


ダニエル君、バスに乗り遅れたあげく、親切(おせっかい)な日本人とお風呂に入ることに・・・
シャワーの国・イングランド・・・人前で裸になる・・・あり得ないか?

でも、そこは男同士、すぐに風呂の中で英会話。
イギリスってよう、毎日ポテトばかり食って飽きないかい?

「イヤそば、と、オコノミヤキ、スキデス。」
う~ん、会話になってない・・・でも、君、いろいろ日本食を経験してるみたいで何より!
画像


「よ~し、案山子見せたる!」
東祖谷の案山子の里へ立ち寄り・・・

綾野さんがいた。
「こんにちは~!」
画像


おばあちゃん達がイタドリの皮を剥いて茹でていた。
「ほれ、食べてみぃ・・・」
画像


神妙な顔のダニエル君。
草だぜ、これ、羊の気持ちが解るかい? 

う~ん、ちょっとトラディショナルすぎたか・・・

日没近く、「ちいおり」へ到着。
Nice meet you! テラスで祖谷茶をもてなされる。
画像


久しぶりの英語でダニエル君、今夜はしゃべらナイト!
いい夜をお過ごしください。
画像


デオッちも20年前、イギリスへ1か月間、国際交流協会の交流員として旅行。
帰国3日前に、前日に宿泊したヨーク大学の寮にパスポートを置き忘れ、慌ててロンドンから独りヨークへ向かった。

あいにく、ナショナルホリデーで大学には誰もいない。
困り果てたデオッちに一夜の寝床を提供してくれた大学の警備員さん。

宿直室の窓から見える夜空の月を指差して警備員(Duty Burser or security guard )はこう言ってくれた。
It's the same moon! 

「 ほらな、みんな同じ月を見ているんだよ」
画像


デオッちは、今日、少しだけど、その時の恩返しができたように思えた。
あの時の警備員さんの息子のような歳のダニエル君。

Everyone sees the same moon.
Security guard said to me so, when I visit England, 20eyers ago.

I think that I was able to repay the kindness a little.
It might be the same as security guard's son.

I will not forget his word through life.
The same moonlight shines to the sky at "chi-iori"

Have a good trip! Daniel, my feiend!


デオッちは、あの警備員さんの言葉を一生忘れない・・・
「ちいおり」で祖谷茶を飲むテラスの空にも、同じように月が輝いていた。

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

maru3
2010年04月26日 08:10
お世話様でした。
無事お送りできたようですね。

謝謝!

この記事へのトラックバック