酷暑

太平洋高気圧のコアが西日本の上空へ来ている。
沈降下降気流が卓越するため猛暑が続きそう。
画像


比較的乾燥した高気圧圏内の下降流が対流を抑え込む・・・
日照のある内陸部で特に昇温し「酷暑」の出現の可能性がある。
画像


四国でも日中は瀬戸内や内陸部は35℃越えもあり得るので要注意。
相対的に海風の入る沿岸部が避暑できる。

今日も強烈な日射が地表面の大気を暖め地形効果で風の吹き寄せる内陸部で雷雲ができそう。
四国は今、赤道直下の熱帯の気団と同じ性質の大気に覆われている。
画像


大気は乾燥しているから気温の割に暑さは感じないはず。
真夏を楽しもうじゃありませんか・・・

今が夏の前半の暑さのピークだと思われます。
明日以降は太平洋高気圧のコアが後退し蒸し暑さが加わってきます。
画像


気温の数値よりも湿度が加わった体感気温が身体にこたえます。
今週末に向けて天気の下り坂場面での猛暑が心配なところ・・・

さて、梅雨明けしたとたんに猛暑だとテレビがこぞって報道しています。
広島、山口などで豪雨となった梅雨末期の大雨で土石流の被害も発生しましたね。

どの気象予報士も「異常気象」だと解説しているようですが何を根拠に言ってるのか?
局地的な大雨はありましたが、とりたてて今年の梅雨が「異常」だったとは思えません。
画像


梅雨明け10日の晴天が猛暑をもたらせるのも当然「想定内」のこと・・・
全てを温暖化起因の異常気象で片付ける態度は疑問に思えます。

雨量や気温は多かったり少なかったり揺らぎながら変化するもの・・・
ゆらぎの幅があまりに大きい場合は「異常」なのですが、今年はそうではない。
画像


気象は毎年同じように繰り返す周年変化ではありません。
今年は昨年に引き続き海水温がインド洋が高く太平洋が低いパターンが続いています。

その結果、現われやすい気象現象の偏差はありますが、異常値という訳ではない。
インド洋の高温はピークを過ぎ、西太平洋が徐々に温まりつつある段階が今年・・・
画像


この海水温の「南方振動」は2~3年以上の周期性を持っています。
去年、今年と台風の発生数は少ないけど来年以降は太平洋で多くなる。

それをまた「ラニーニャ」が発生していると来年は解説することだろう・・・
暑い夏もあれば天候不順な夏もある。

日々の気象変化から長期的な気候変動を読み取るのはかなり難しい。
地球45億年の時間スケールと比較して我々の100年程度の気候データは一瞬のできごと・・・
画像


資源の有効活用の観点からエコロジーなライフスタイルの提唱は意義があること。
でも、いたずらに危機感だけを煽る「異常気象」の伝え方には疑問がある。

人為的な活動が気候に少なからず影響を及ぼしているのは事実。
今すぐ、全ての人類が原始生活を送っても気候変動は止まらない・・・つまりコントロールできない。
画像


全ての悪を二酸化炭素に押し付けるのはよくない・・・
まだまだ我々の知らない気候変動システムが地球には存在しているはずだ。
画像


暑くても寒くても対応して生活できる知恵を科学に求めたい。

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック