足摺岬

黒潮(日本海流)が日本で一番最初に接岸する岬・足摺。
ま、白亜の灯台の岬の写真はよく目にしますが・・・
画像


デオッちは、ここよりすぐ西隣りの「臼婆(うすばえ)」をおススメします。
画像

「黒潮接近地」の案内看板のとおり、その渦を巻きながらの激流は雄大です。
画像


臼婆は磯釣りのメッカとして全国に知られるポイントで映画「釣りバカ日誌」の撮影現場にも使われた所。
「土佐の一本釣り」でも大漁を祈願して女性が海の神様に「チラ見せ」する竜宮神社も鎮座します。
画像


劇画では、「チラみせ様」という話があり、漁の神を祭る社で行われていた風習です。
この風習は高知の各地にあり、漁師の妻たちが漁祈願のため船に乗り、着物の裾をちらっと巻くっていた。
画像


「漁をさせてくれたら見せますき」
・・・と言っていたそうです。

とにかく巨大なオレンジ色の巨岩のそびえる様は威容、荘厳です。
画像


お教えしたくないのですが・・・
デオッちが知る限り、ここが日本でいちばんキレイな海水浴場の大岐の浜。
画像
・・・正確には海水浴場の指定はありません。
(黒潮が近く離岸流が発生しやすく危険だから・・・)

でも、めちゃくちゃ遠浅で、そりゃ水がキレイ・・・なんせ最初に接岸する黒潮だから。
目を開けてもしみないし手もふやけない、もちろんクラゲもいない。
画像


今年は駐車料金を地元が徴収するようになっていた・・・う~ん???
法外な価格ではないが、ちょっと納得できない。

そもそも、税金で整備した海浜の施設は地元の方だけの財産ではないと思うけど・・・
駐車料金を地元が徴収する法的根拠や正当性があるんだろうか?

どなたかご存じでしたらお教えください。
普段は無料で駐められるのに海水浴シーズンだけ有料・・・イメージ悪いなぁ。
画像


高知や徳島の海水浴場は駐車場やシャワーはタダ・・・それが魅力。
画像

サーフィンで有名な生見ビーチのように町が駐車場を整備して有料化なら話は解る。
入野ビーチはこれだけの施設を県が整備してタダで使える・・・
画像


民間の駐車場ならいいけど、国や県が整備した駐車場や海浜公園の敷地での徴収は納得できない。
・・・徴収したそのお金、何に使ってるか収支報告されてんのかなぁ?

県が海岸事業で整備した施設の夏季における管理を地元の観光協会等に無償で委託しているんだろう・・・。
そして、観光協会は海岸での環境保全や駐車場の整理・清掃、海水浴の監視員の配置を実施しているのか?

必要最低限の措置というなら、せめて利用者に案内看板くらい設置すべきだ。
そもそも、デオッちは監視してもらいたくないし、駐車場も汚さないし、ビーチのゴミも拾うのに・・・

ちゃんと整備していただくならいいんですが・・・整備もしないで料金徴収はいけませんよ!
東洋町の白浜ビーチなんかは、駐車場はちゃんと清掃しているし地元の産直店も出している。

ただの利権体質を作るだけの管理方式の運営なら断固反対します!
いっそ、自然環境税でも作って利用者の公正な負担システムにすべきでは?

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック