夏・祭り

これほど地域の特色があり人々を魅せる観光資源は他にはない。
既にアートになった阿波踊りの魅力は何か?
画像


人間は陶酔する生き物なんですねぇ・・・
画像


その気持ちよさは説明のしようがない。
画像

画像


アドレナリン全開の快感なのである。
熱狂と興奮の渦の中に自分がいる・・・
画像


観客が居ようが居まいが関係ない。
これを知ってしまったら、もう止められない。
画像


ただ、快感だけでは踊りのチームワークは作れない。
それぞれの連は血の滲むような練習や試行錯誤を経て踊りを完成させる。
画像


そりゃ、大変ですよ・・・
この下駄で飛び跳ねるんだから。
画像

画像

画像


それでもね、楽しくてしょうがないんですよ・・・
踊り子の表情を見てやってください。
画像

画像

画像


芸術としての阿波踊りもありますが・・・
画像

画像


ほとんどの踊り子は生活と結びついた「祭り」です。
親から子へこうして心意気が伝わって・・・様式ではなく心を伝えます。
画像


これこそが日本の伝統文化であり世界に誇るべきものなんです。
画像


みんな、そんなこたぁ気にしちゃいませんがね。
「祭り=文化」という視点で見ると、背景にある地域の暮らしが垣間見えてきます。
画像

画像


そもそも徳島ではどこへ行ってもお盆が近づくと夕闇から鉦と太鼓の音が聞こえてきます。
画像


踊り終わってカラリ、コロリ・・・下駄の音。
風流踊りの名残の三味線と笛の音。
画像


そんな風情はもう消え失せてしまいましたが・・・
「よしこの」のお囃子は今も徳島人の身体には脈打っています。
画像


阿波踊りにはたくさんの人が来ます・・・つまり金になる。
最近では、学生連はあまり来なくなった・・・YOSAKOIが各地にあるから?

パフォーマンス最優先のYOSAKOIとの違いは何だろう?
阿波踊りの発展は素晴らしいことだと思うが、しかし・・・
画像


未来に何を伝え残すべきか・・・
そろそろ、徳島の人も考える時ではないだろうか?
画像


ほんじゃま、ちょっとだけ動画で楽しんで・・・!
前半にゆったりリズムの正調「よしこの」で踊る「呉茶平連」が出てきます。


今日は、さすがに腕が痛い・・・練習不足やぁ・・・
さぁ、もうひと叩きしてきますかぁ!

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック