異常気象

続く毎日の猛暑ですが夏バテしてませんか?
東日本では最高気温は30℃を割り込みちょっと秋めいてきました。
画像


でも9月までは熱い日が続きますよ~!
日本の周りの海水温は、北日本まで25℃以上に温まっています。
画像


秋の味覚のサンマは、まだず~っと北の海を泳いでいて、味わうのはまだまた先のことになりそう。
熱波は、世界中で発生していて、ロシアでは最高気温38度を記録し、死者が2000人。
画像


イタリアやスペインでは最高気温が40度を記録、ヨーロッパの死者は1600人を越えています。
干ばつにより、ロシアの小麦輸出禁止措置が世界の小麦価格を20%も上昇させています。
画像


オーストラリアの干ばつに続いて、また、うどんの値上がりになるのかなぁ?
パキスタンでは5月26日に53.5℃というアジアの観測史上、最も高い気温を記録しています。

あまりニュースにならないけど、南半球は記録的な寒波となっています。
熱帯のボリビアで気温が0℃近くまで下がり、凍死者が出ています。
画像


暑かったり寒かったり、世界各地で異常気象が確かに頻発するようになっています。
メディアはこぞって地球温暖化の影響だと報道しますが・・・デオッちは懐疑的です。
画像


確かに地球の平均気温はこの100年間に約2℃上昇しましたが・・・
CO2だけが温暖化の原因ではないですし、各地に異常気象をもたらす偏西風蛇行の原因は別の要因がありそう。

地球の気温に最も影響を与えるのは太陽で、11年周期で活動の強弱を繰り返しています。
活動期には気温が上昇するはずなんですが、数年前から活動の周期性は崩れ過去最低の水準。
画像


なのに地球の気温は過去最高を記録している。
NASAは、地球の高層大気の「熱圏」の「不可解な崩壊」を発表しています。
画像


地球の大気は上空ほど冷たくなるのは20km程度までで、それより上は温度が上昇していきます。
400kmも上昇すると気温は1000℃を越え、「熱圏」になります。
画像


その熱圏が20%も縮小していて、紫外線やX線の吸収が弱まっています。
太陽活動は弱いままなので熱圏の収縮は予想されてはいましたが、予想をはるかに上回る縮小です。
画像


温室効果ガスの影響はもっと緩やかなはずなのですが、太陽の活動は直接的な熱の供給源。
この分野の研究が進むことを期待したいものです・・・
画像


困難な選択ですが、正義と共鳴した全地球的な選択が、神が与えた人間への試練なのかも?
人間は選択を迫られています、偶然はありません。

全ての現象には肯定的な理由があります。
人生の最高の報酬は、助けが必要な人たちに、心を開くことで得られます。
画像


苦難や試練は、成長の機会であり、成長こそが人類の生存目的なのかも知れません。
地球の危機は、今、そこにあります。

小麦や野菜の値段が高騰し、経済を混乱させていますが・・・
そもそも、キャベツなど冬野菜を夏にも食べていることが不自然なこと。

画像
そろそろ、ライフスタイルをもっと地球環境に適合させる工夫が必要です。
自然は征服するものではなく、調和して共存すべきものではないでしょうか。

さて、今日も西日本では猛暑になります。
画像


午後は、雷雲が発生しますが、雲を流す上空の風は東風。
風が収束する四国中央、にし阿波では午後の雷雨に注意!
画像


画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック