ナラ枯れ

四国にもツキノワグマが生息していますが人を襲いません。
人里まで侵入してくることはないからです。
画像


本州のあちこちで人里へ熊が現れて事件を起こしています。
その度に彼らは射殺されて気の毒です。
画像


今、本州の熊の生息している森では「ナラ枯れ」が広がっています。
カシノナガキクイムシの異常発生が直接の原因です。
画像


今年の夏の異常高温で例年になくナラ枯れが目立っています。
ナラ類の樹木は、ミズナラなど「どんぐり」の木で熊の主食になります。

秋を迎えた今、冬眠を前に熊たちはたくさんのどんぐりを食べて脂肪をつけなれければならない時期。
なのに森にどんぐりがないために、人里までやってきます。
画像


四国では以前、高知でナラ枯れの被害がありましたが現在は発生していません。
森にどんぐりがたくさんあって熊たちも人里まで降りてくることはありません。
画像
・・・赤い部分がナラ枯れの発生地↑

熊たちも食糧がありさえすれば、わざわざ人の気配のする登山道に近づきません。
四国では、熊よけの鈴をつけずに登山する方がほとんどです。
画像


本州の山ではまず考えられない・・・無謀だと見られます。
四国では熊より鹿の方が頭が痛い問題になっています。

昆虫のカシノナガキクイムシとナラ菌は共生関係にあります。
四国でも、いつナラ枯れが拡大するか判りません。
画像


ナラの木などを主体とする雑木林は、かつては炭の原料の木を間伐していました。
現在では、森林の保護(里山の環境保全)として高木のナラ類を残し、樹床の稚木を少なくすることが多い・・・

「公園型」と呼ばれる森林管理が反ってナラ枯れを拡大させています。
森林の生態系は、土壌を含めて多数の生物の複雑な共生関係が存在します。

本州では、なぜか今年はマツタケが大豊作らしい。
それを自然が回復したと見てはいけないことです。

木の根は養分を吸収するために地中の菌類と共生関係を保ちます。
菌類が分解するリンや窒素や有機物を根から吸収しています。

日本の森林は見えないところで喘いでいます。
世界の歴史を見ても森がなくなったことで文明は崩壊しています。
画像


もっともっと、森という生態系を深く理解して保全しないと・・・
山の神の怒りに触れないうちに森を守りたいものです。
画像


画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック