大雪注意

西日本には近年にない強い寒気が南下します。
平野部でも積雪しますから警戒してください。
画像


5500m上空の高層天気図を示します。
気圧500hpaの等圧面と気温予想(1/1 21:00)です。

注目は-36℃線です。
大雪の目安とされている上空の気温のラインです。

この、-36℃は普段は北海道の上空5500mの気温なんです。
こういう寒気が来ると、太平洋側でも不安定対流が起きますので平地でも大雪になります。

このラインが西日本の上空まで南下することは滅多にありません。
つまり、地上と上空の温度差が非常に大きくなります。
画像


日本海側の雪は北西季節風の吹き付けなんですが・・・
今回は太平洋側でも対流雲(雪雲)ができます。

今日12/29は、終日、平穏な天気だと思われますが・・・
明日12/30からは、どんどん気温が降下し、風が強くなり、次第に平野部でも雪になります。

大晦日は、多分、西日本の広い範囲で「暴風雪」になります!

それでも、普段の天気予報と同じレベルだと思う人たちが多い・・・
もう一度言います!

西日本の上空5500m-36℃。
ここ30年で最も寒いレベルです。

四国でも、大雪になりますよ~!

画像
 お願い  ランキングに参加中です。Please Push! ←

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

コタツお父さん
2010年12月29日 18:33
四国地方も寒くなるんですね
今年の冬は雪も多く降るのかな?
細かい説明まで有難うございます

この記事へのトラックバック